ファッションデザイナーの求人に応募するならば、デザインセンスだけではなく、企画する力も必要です。

ポートフォリオが合否を分けるWebデザイナーの求人
ポートフォリオが合否を分けるWebデザイナーの求人

トレンドを生み出すファッションデザイナーの求人

女性が買い物に最もお金をかける所と言えば、服装ですね。その服全般をデザインして世に送り出す仕事をしているのが、ファッションデザイナーです。自分で服を作りたいという人は、まずはファッションデザイナーの求人を見つけることが必要です。デザイン画を作成して、縫製の仕様書や指示書を作成して、素材を選ぶ、メーカーへの指示、サンプルの調整、コスト関係、等々全て行います。指示を行う立場でもあるので、決断力が必要ですし、それ以上に企画力がないとやっていけない仕事です。単に「このデザインの服を作りたい」と思うだけでは、服はできないという事です。

ファッションデザイナーといえばデザインセンスさえあればOKと思っているかもしれませんが、デザインだけでやっていける人は本当に一握りで、ほとんどのデザイナーは企画を重視してやっています。求人に受かってからも、すぐに現場で活躍出来る訳ではなく、パタンナー業務などアシスタント的な役割りからコツコツと経験を積み上げていきます。また、スタッフやメーカーなど多くの人達と関わりながら仕事をしていくことが求められるので、コミュニケーション能力も必要になります。ファッションデザイナーに応募する時にはこういったことまで含めて考えてみましょう。