建築や土木の求人では人手不足が叫ばれていますが、外国人労働者で補わず賃金UPで国内の労働者を呼び込むべきです。

ポートフォリオが合否を分けるWebデザイナーの求人
ポートフォリオが合否を分けるWebデザイナーの求人

建築や土木の求人は賃金の上昇で補うべき

最近は建築業や土木業の人材が不足しているのだそうです。この手の求人情報を見ると単価がどんどん上がっているのが分かるのではないでしょうか。人手が少なくなると賃金が高くなるものですが、この機会を活かして日本経済をもっと成長させていって欲しいものです。

しかし一方で外国人労働者を受け入れようという動きも見られます。人手が少ない分を外から持ってこようとわけですが、それでは国民の賃金は上がりません。その結果、会社は儲かるかも知れませんが、日本経済全体としてはあまり良い話では無いでしょう。また、外国人の安易な受け入れは治安の悪化にも繋がります。人手が少ないのであれば、もっと賃金を上げて働くことの旨みを世間に知らせるべきですし、賃金の高い求人情報はもっと積極的に広報していくべきだと思うのです。

仕事というのは単に生活を営む糧を得るだけで無く、土木であれば自然災害の宝庫日本においてノウハウの蓄積や供給能力の維持という安全保障にかかわる大事な側面も持っています。公共事業を増やすことに否定的な世論もありますが、こういったことを考えると日本のためでもありますし、プライドを持って働くことができるのではないでしょうか。