障害者の求人はかなり難しいと思いますが、支援してくれる場所があるので諦めないで探して下さい。

ポートフォリオが合否を分けるWebデザイナーの求人
ポートフォリオが合否を分けるWebデザイナーの求人

いつでも前向きに求人を探す

多くの企業が従業員の数で何人障害者を雇用しなければならないと決まっています。障害者の数は多いですので、仕事探しは簡単ではありませんが諦めない様にします。働く気持ちがあれば仕事は見つかると思って下さい。そうでなければ不公平だと考えています。多くの障害者がハローワークに家族と脚を運んで探しています。支援してくれるセンターの職員に頼んだら付いて来てくれます。その方が力強いと感じました。面接に行く時も側にセンターの人がいてくれたら安心出来ると思います。一人で行くのもいいですが専門職の人が付き添ってくれたら、道が開ける可能性が大きく広がります。

まずは障害者就労支援センターを紹介してもらって下さい。そこで技術を学びながら生きる道を模索出来ます。一人で探すよりも、周りに相談出来る人がいるので効率的に見つかると思います。時々ハローワークに行って登録してパソコンで探す様にします。登録のやり方は働く意欲があればすぐに出来ます。強力なバックアップがあるので安心して探して下さい。空いた時間を有効活用しながら職探しをします。正社員は難しくても、簡単な作業でしたら採用されるかも分かりません。求人を探す時には希望をはっきり持つ様にします。人生はいつでも前向きに考えます。