求人募集数が多く、圧倒的な売り手市場だからこそ、焦ることなく冷静に転職活動を進める必要があります。

ポートフォリオが合否を分けるWebデザイナーの求人
ポートフォリオが合否を分けるWebデザイナーの求人

求人募集数は多く、売り手市場が続けています

日本の社会情勢の好転にともない景気が徐々に上向きつつあり、転職市場もだいぶ活気を取り戻しました。有効求人倍率も久しぶりに求職者優位の状態が続いています。しかし同時に、新卒・中途含めて早期離職が増加している傾向が高いようです。それは景気が一時期よりは回復したと言っても、中小零細企業では恩恵も乏しく、依然横ばい状態が平行線を辿っている会社が大半を占めるからです。何年働いても給料が思うように上がらないのでは?という不安にから転職活動をされる方が多くいらっしゃいます。また、会社の将来性を危惧し、全く別の業界へ転職される方も珍しくはありません。

その判断は間違っているとは思いません。実際に技術職から営業職、飲食業界から建築業界などと大きくフィールドを変えたことで、成功している方もたくさんいらっしゃいます。ただしジョブチェンジは相応のリスクを背負うことになりますので、慎重に判断をすることが重要です。今一度、転職活動を始める前に、自分にとって転職をする本当の意味はなにか、をしっかりと整理しておくことが大切になります。給料をもっと稼ぐことなのか、仕事のやりがいを求めるのか、労働環境を安定させたいのか、個々によって仕事に求めるものは異なるはずです。圧倒的な売り手市場だからこそ、決して焦ることなく、この市況を上手に利用して、冷静に転職活動に臨むことが必要なのではないでしょうか。